成功の鍵を握る!信頼できる業者をまずは選ぼう!

相見積もりは必須です

注文住宅を建てる際に、成否を分けるのはどの業者に依頼するかで決まると言っても大げさではありません。そこでやっておきたいのが相見積もりというものです。これは二社以上の業者に、どれくらいの値段でどの程度の建物が建てられるのかを教えてもらうことです。なぜ一社だけではいけないのかというと、良し悪しの判断ができないからです。たいていの場合、家を建てるのは一生で一回です。まして注文住宅ともなると、相場がわかりにくいです。ところが相見積もりをしておけば、ここは高いが保証がついている、こちらは収納が多いなど値段や業者の特徴まで見えてくるのです。そのため時間の許す限り、相見積もりをしておくのが注文住宅を建てる時のコツです。

できるだけ明確にしておきましょう

注文住宅を建てるなら、できる限り希望は明確にしておきましょう。例えば予算を曖昧にしておくと、どの業者も多少はオーバーしたプランを出してきます。その方が儲かりますし、断られればまた考え直せば良いだけだからです。そのためこれ以上は一円も出せないという金額を提示します。それでも予算をオーバーしてくる業者は避けるようにしましょう。客の立場になって考えてくれていない証拠です。反対に何とか予算に収まるようにさまざまなアイデアを出してくれるなら、その業者は候補に入れておいて問題ないです。加えて工法や使って欲しい材料がある場合も、伝えておくと良いです。希望にそうように全力を尽くしてくれる業者がいるなら頼りたいです。

広いキッチンやゆったり入れる風呂場など、新築一戸建てに求める条件は人によって異なります。そのため物件探しでは、最初に自分が求める条件を整理することが大切です。