壁や屋根の色選びのポイントと注意点

外観の色選びのポイント

完全自由設計で理想的な家作りを実現してくれる注文住宅。そんな注文住宅においては様々なコツがありますが、中でも重要なのが外観の色選びです。外壁や屋根といった外観は人目に付きやすいことからその色選びは非常に重要です。このため多くの人は外観の色選びに工夫を凝らしています。

外観の色選びのポイントとしてまず挙げられるのが、周辺環境と調和している色を選ぶと言うことです。いくらマイホームであっても周りの環境を無視した家作りは御法度です。周辺の環境とバランスの取れた色合いにすることが大切となります。また最近は塗料の性能も向上し、単なる色合いのみならず防火性や耐熱性を有したものも販売されています。こうした点にも着目して、機能性の富んだ塗料を使用することも大きなポイントとなります。

色選びの注意点もあります。

なお、外壁や屋根の色選びにはいくつかの注意点があります。まず建物には耐用年数があるのと同じように、塗料にも寿命というものがあります。その年数は塗られた建物の耐用年数とほぼ連動しており、建物が老朽化してきますと塗料も剥がれるなどの劣化が起こることとなります。その場合には再度塗り直す必要があります。一度塗ったら半永久的に塗料が剥がれずに維持されるわけではありませんので、その点は認識しておく必要があります。また塗装後は臭いが発生する点も注意点として挙げられます。近年は臭いが出にくいものもありますが、それでも多少の臭いは出てしまいます。臭いは数日で収まりますが、臭いに敏感な人には注意する必要があります。